テーマ:特許を生かす

中小企業が特許をダイヤモンドにする方法

かなり以前のことですが、ある銀行から、 特許の担保価値を評価して欲しいと言う依頼がありました。 いろいろ経緯がありましたが、結果的にその仕事をお断りすることになりました。 私が先ず銀行にお話をしたのは、 特許の価値は、その持ち主の事業計画に大きく依存するということでした。 特許は本来、事業計画を支援するものです。 し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハッタリ特許、独占特許、牽制特許そして防衛特許

一概に特許といっても、使う側から考えると、 ハッタリ特許、牽制特許、独占特許、そして防衛特許などがあります。 ベル特許事務所では、これらの使い方を指導させていただいています。 1.ハッタリ特許 「特許ですよ~」と吹聴しまくって、ライバルの参入を許さない使い方です。 ベル特許事務所では、お客様にハッタリ特許の使い方を実際…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

知的財産戦略家の経営者との付き合い方

知的財産戦略家のこれからの仕事は、 自社の知的財産を活用して会社が勝ち残る方法を企画して、 経営者に提案することです。 例えば、会社にとってなぜ特許が必要なのかを問われたとき、 教科書的な答えしかできなければ、 次世代を担う知的財産戦略家にはなれません。 そして、経営者に提案すべき知的財産戦略は、 他社との違いがは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノウハウの暗黙知から形式知へ

自社のノウハウをはっきり言い切れる人は少ないと思います。 なぜかといえば、ノウハウを漠然としかとらえていない人がほとんどだからです。 例えば、特許を出願するときに、人に知られたくない技術を 「それはノウハウにすべきで、特許出願はしない方が良い」などということがあります。 しかし、そのノウハウを具体的にどのように管理するか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

特許を上手に使った実例

私のお客様で、電気スタンドを作っているスワン電器という会社があります。 この会社の社長の黒澤さんは、非常に積極的で、 特許を取れば、それを何とか仕事に活かしたいと考える人です。 また、社長は、デザイン感覚も優れ、 ものすごくセンスの良い電気スタンドを製造販売しています。 電気スタンドなど、もう成長産業ではありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許出願のノルマは必要か

実は、特許出願のノルマを設定するにも、二通りあります。 一つは、ハッキリした目標がなく、 ただ単に、特許出願のノルマを設定するやり方です。 もう一つは、会社のすすむべき方向をはっきりさせて、 その方向に対して特許出願のノルマを設定する方法です。 私は、単なるノルマ設定も必要と考えています。 例えば、年1件というノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許事務所の知恵

多くの方はご存じないと思いますが、特許事務所にはたくさんの知恵が貯まっています。 特許事務所の知恵を説明するためには、 特許事務所の仕事の概要を説明しないと分かり難いと思います。 特許事務所のというのは、発明者の方々から、発明の内容を聞き出して、 それをすべて文章にまとめます。この文章のことを明細書と言います。 そして、書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発明にも「できちゃった発明」がある

「できちゃった結婚」などと言われますが、 発明にも「できちゃった発明」があります。 大発明でも「できちゃった発明」がけっこうあります。 例えば、ノーベル賞を取った江崎玲於奈さんが発明した トンネルダイオード(エサキダイオード)なども、 実験中の失敗が発明のきっかけになりました。 ショックレーが発明したトランジスターな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新商品開発の社会貢献

新商品開発とは、社会に新しい価値を提案することです。 新しい価値の提案は、それ自体が社会貢献につながります。 例えば、江戸時代にさかのぼって、駕籠屋さんを例にお話ししましょう。 今までは、ただ単に、人を乗せて運ぶだけの駕籠屋さんしかいなかったとします。 こんな中で、ある駕籠屋が、 「私はスピードでは誰にも負けません…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

がんばれ技術者 社会の進化は技術の進歩によってもたらされる

グーテンベルクの印刷技術の発明、ワットの蒸気機関の発明は、社会を大きく変えました。 身近なものでも、新幹線、自動車、半導体あるいは通信技術など、 社会の進化に影響を及ぼした技術は枚挙にいとまがありません。 そして、新技術が開発されて、それが世の中に提案されると、 それにともなって、人の考え方も変化していきます。 つまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許制度のアメとムチ

特許というと、 「もしかすると大儲けできるかもしれないありがたい権利」 と考える人が、いるかもしれません。 しかし、世の中、そんなに甘くはありません。 特許制度にも、アメとムチがあります。 アメの部分は、発明を独占できる特許権がもらえることです。 ムチの部分は、特許権者以外の人に、発明の真似を奨励することです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許請求の範囲を作るときのアプローチの方法

特許庁に提出する特許書類の中で、特許を取りたいところはどこかを、 はっきりさせるのが特許請求の範囲の欄の記載になります。 そして、この特許請求の範囲の欄に記載された内容が、 特許権の権利範囲ということになります。 厄介なのは、この欄に記載された文言が非常に厳しく評価されることです。 例えば、この特許請求の範囲に「赤いスポー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許出願計画の立て方を物語にしました。

特許権を有効に活用できていない、ある社長の物語です。  従業員100人の㈱タノコウ製作所では、いつも独創的な商品を開発し、業界でも一目おかれている存在である。  そして、商品を開発するたびに特許を出願し、積極的に特許を取るようにしていた。  今までに取った特許権は50件にも及んでいる。  しかし、会社の業績は今ひとつで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more