夢を語れない発明では儲けにつながらない

発明で夢を語るとは、その発明が商品化されたとき、
お客にどんな形で喜んでもらうのか、
それによって、会社にどのような成長と変革をもたらすのかを、語ることです。

このような夢を語るとき、我田引水でもかまいません。
自分がした発明で、自分が楽しくなることが大切です。

自分も楽しくなれない発明では、会社が儲かるはずがありません。

会社の儲けは、社員の活力のたまものです。
つまり、社員一人ひとりが元気にならなければ、会社は儲かりません。

自分の発明について、屁理屈でもよいから、夢に結び付けましょう。
そして、それを楽しみましょう。

"夢を語れない発明では儲けにつながらない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント