差別化されたコンセプトが特許ネタになる

 コンセプトの段階で差別化されていない発明は、市場でもなかなか受け容れられない。 しかし、アイデアの段階でコンセプトが明確になっていれば、これは有望である。  そして、差別化されたコンセプトを実現するために、いろいろな工夫がされるはずである。この工夫が特許ネタになる。 ★日本一聞き出し上手な特許事務所★ …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more