日本で作ってもよいものと、作ってはいけないもの


 コモディティ化された商品は、ニッポンで作るべきではなく、外国から輸入すべきものです。

コモディティ化された商品とは、価格の安さ以外に、差別化要素がなくなってしまった汎用品のことです。このような商品は、常に、人件費が勝負を分ける大きな要素になります。

 したがって、ニッポンの人件費が新興国と同じレベルにならない限り、コモディティ化した商品をニッポンで作っても、利益を上げることはもちろん、競争力を維持することもできません。

 レベルの高い技術追求型の商品や市場対応型の商品がニッポンで作るべき商品です。

 技術追求型の商品とは、例えば、技術力でニッポンが群を抜いていて、新興国には真似できないようなものです。

 特に、部品メーカーの場合には、高い技術力を実現した技術追求型の商品が求められます。

 市場対応型の商品は、技術追求型の商品のように高い技術力というくくり方はできません。ですから、コモディティ化された商品群にあっても、会社の市場対応努力によってコモディティ化から脱却できるものもあります。

 ただし、市場対応型の商品は、ライフサイクルが短くなりがちなので、市場に対する注意力を怠ってはなりません。



★日本一聞き出し上手な特許事務所★
☆成長社長の開発コンサルタント☆
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック