自分の考えを伝えるコツ「先ず10秒、相手の様子を見て2分、そして状況を判断して5分」


 人は自分のことを一所懸命に聞いてくれる、と思っている人がたくさんいます。そんなことはありません。まったく逆です。

 ほとんどの人は、他人(ヒト)の話を聞くよりも、自分の話しを聞いて欲しい、と思っています。だから、他人の話を聞くのは苦痛なのです。

 例えば、二人が会話している状況を想定してみてください。

 その二人の会話を、公正な行司役として聞いていると、お互いが自分のことしか話していないこと多く、ほとんどかみ合っていないことが分かります。

 ですから、本当に自分のことを相手に伝えたいなら、先ず、10秒で自分の考えを伝えられるようにならなければだめです。

これはけっこう難しいことで、いつも訓練をしていないとできません。

 そして、相手の様子を見て2分ぐらいなら、相手もなんとか聞いてくれます。

しかし、2分を超えると、相手は、もう話しの内容をほとんど理解してくれません。

 したがって、5分以上話そうとするときには、よほど状況を判断しない限りやってはいけません。

 これは、会議などで自分の意見を言う場合も同じです。



★日本一聞き出し上手な特許事務所★
☆成長社長の開発コンサルタント☆
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック