知的財産の蓄積がなくなるとどうなるか


 知的財産とは、特許などの無体財産権だけでなく、技術者の頭脳、社内に蓄積された技術力及び企業文化の総体を言います。

 このような知的財産の蓄積を怠った会社は、今非常に苦労しています。

 現状の商品に行き詰ってにっちもさっちもいかない状況の中で、次の解決策が見いだせないでいます。

 そんな会社は、今は、おとなしくして、いずれ景気が良くなるのを待つ、といった姿勢を取っています。

 しかし、このような会社には、いずれ景気が良くなるという神風は吹きません。

これからは、景気の風も、会社によって良い方向に吹いたり、悪い方向に吹いたりします。

 いつも知的財産の蓄積を怠らない会社は、現在のような状況にあっても、必ず解決策を見つけます。

何かあったときにすぐ効くような即効薬はありません。

 常日頃からの、知的財産の蓄積が必須です。

 ただし、そのためには、自社の知的財産とは何かを、しっかりと把握しておく必要があります。




★日本一聞き出し上手な特許事務所★
☆成長社長の開発コンサルタント☆
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック