知的財産は特許だけと言う思い込みは危険


 社内の知的財産を結集するためには、知的財産について正しい認識が必要です。

 知的財産とは、下図のすべてを含みます。したがって、商品を知的財産でガードするためには、これらすべての知的財産を商品に結集する考えがなければだめです。

 本当の意味での知的財産戦略を立案するためには、開発の段階から、知的財産の総力を結集することを考えなければなりません。

 例えば、自社の企業文化に反するような商品に、どんなにすばらしい特許を取っても、ほとんど機能しません。なぜなら、そのようなものは、市場においてほとんど競争力が発揮されないからです。

 また、技術者の頭脳や社内に蓄積された技術力を無視して、開発を進めてしまうと、開発効率が著しく損なわれるし、たとえ開発されたとしても、クレーム続発などと言った結果になってしまいます。
 そして、特許などは、企業文化を基礎にして、技術者の能力や社内の技術力に支えられて機能するものです。

 ですから、知的財産戦略を考えるためには、下図の根っこの部分をしっかりと管理し、それに基づいて戦略を考えなければいけません。

 ほとんどの大企業の知財部は、こんなことは考えていないと思います。日本が国際社会で生き残るためには、どうしても根っこを大切にした考え方をしなければなりません。


画像


★日本一聞き出し上手な特許事務所★
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック