開発テーマ不足は深刻

いろいろな会社にお伺いして気がつくのは、開発テーマがないということです。要するに、何をして良いのか、会社自身が分からなくなっているのが現状のように思われます。

 なぜこのようになってしまったのか。

 その要因の一つは、新しい商品よりも、現状のコストを抑えることが重視されていることではないでしょうか。
コストダウンもその目標が30%にもなれば、それはもはや既存商品とはいえません。立派な新商品です。

 しかし、現状のコストダウンは、3%前後のものが多く、商品としては、既存商品の域を出ないものがほとんどです。

 このような状況では、斬新な開発テーマが不足するのは当然です。

 また、新商品が少なくなれば、部品メーカーは、自ら開発テーマを見つけることができません。
特に、部品メーカーの場合には、景気の良い時代に、完成品メーカーからどんどん開発テーマをもらうことができたために、自ら開発テーマを見つける力を失ったように思われます。
 これからの時代を生き抜くためには、自ら問題を見つける力が必要になります。


★日本一聞き出し上手な特許事務所★
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック