東郷平八郎の「運」に対する考え方


 日露戦争の時の東郷平八郎を連合艦隊司令官に抜擢したのは、時の海軍大臣山本権兵衛である。明治天皇が山本権兵衛に東郷平八郎を推す理由を尋ねたら、山本権兵衛は、「東郷は、運の強い男です」と言うことだけでした。

 明治天皇は、山本権兵衛の進言で、即座に東郷平八郎の抜擢を決めました。
 その結果、日露戦争では、日本海軍が多くの運にも恵まれて、勝利を収めました。

 こんな東郷平八郎が、運に対して、次のように言っています。
 「運の中身は、努力による運が七分、天佑による運が三分である」。

 運は、努力によって呼び込むもので、待っていてもなかなか手に入りません。


★日本一聞き出し上手な特許事務所★
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック