特許戦略の基本はたった2つしかない

特許戦略について、いろいろ言われますが、その基本は、次の2つしかありません。
① 技術ブランド確立戦略
② 市場制覇戦略

技術ブランド確立戦略とは、自社の技術力の独自性を社外に発信するために、
特許を活用する戦略です。
したがって、技術ブランド確立戦略は、
独自性が高い技術分野を中心に特許を集中させることから始めなければなりません。

そして、この技術分野に関しては、
他社の追随を許さないといった主張を社外に発信すべきです。
この発信がなければ、ブランド力を高めることができません。

一方、市場制覇戦略は、
特許を活用して市場でナンバー1になるためにどのようしたらよいかが基本になります。
したがって、市場制覇戦略はマーケティング戦略と一体になって進められます。

これら両戦略は、互いに独立して成り立つのではなく、
それらは一体的に運用されなければなりません。
ただし、企業によって、どちらの戦略に重きを置くのかということはあります。

例えば、部品メーカーであれば、技術ブランド確立戦略が中心になります。
反対に、完成品メーカーでは市場制覇戦略が中心になります。

そして、いずれの戦略に重きを置くかによって、特許の取り方も違ってきますし、
侵害行為対策も若干違ってきます。


★日本一聞き出し上手な特許事務所★
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック