「良い忙しさ」と「悪い忙しさ」


 同じ忙しさでも、「良い忙しさ」と「悪い忙しさ」があります。
 良い忙しさとは、進むべき方向性を明確にして、それにまい進している状態の忙しさです。
 悪い忙しさとは、どちらの方向に進むかはっきりせず、ただ目前のことを処理するのに右往左往している忙しさです。

 日本の企業で、今、悪い忙しさがはびこっているように思います。

悪い忙しさの中からは、建設的な意見が出てきません。
なぜなら、何事も、忙しさを理由に、前に進むことを拒否するからです。

 このような悪い忙しさがはびこると、企業は衰退していきます。
なぜなら、悪い忙しさは、新しいことを受け入れることを拒否する言い訳になるからです。

新しいことを受け入れられなければ企業は、どんどん硬直化していきます。
硬直化が体質になると、企業は一気に衰退していきます。

 一方、良い忙しさは、企業をどんどん発展させます。
なぜなら、進むべき道に向かって、企業が一丸となって活動していることになるからです。

 良い忙しさは、新商品が売れて、会社が活気づき、さらに社員が自信を持って仕事に励むという好循環によってもたらされます。

 また、悪い忙しさは、商品が売れず、社員が元気を失い、現状の商品の後追い的な業務処理に追われるという悪循環によってもたらされます。

 そこで、良い忙しさを生み出すためにどのようにしたらよいかです。もし、今、悪い忙しさに忙殺されている会社は、悪循環を断ち切らなければなりません。

 しかし、急には、商品が売れたりしません。そこで、悪い忙しさの悪循環を断ち切るためには、現状の商品についての後追い的な業務処理をなくすことしかありません。
これは、言うは易し行うは難しです。社員全員が悪い忙しさを断ち切るという強い意志が必要です。

★日本一聞き出し上手な特許事務所★
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック