技術マネジメントとは


 開発方針と開発テーマとは、必ずしも一致しません。

開発方針は開発の方向性を決めるもので、戦略に近いものです。
しかし、開発テーマは、開発方針を実現するための具体的課題で、戦術に近いものです。

 そして、個々の技術者は、開発方針をわきまえたうえで、開発方針に沿った開発テーマを考えていかなければなりません。

 技術者に開発方針を徹底させ、その方針に沿った開発テーマを持っているかどうかを管理するのが、技術マネジメントです。

 しかし、実際には、開発方針がはっきりしていない企業があります。
開発方針がはっきりしていない限り、技術マネジメントなどあり得ません。

 また、開発方針がある程度はっきりしていても、それを技術者に徹底させていない企業もあります。

これも技術マネジメント不在の状況です。

 技術マネジメントが不在の企業における技術者は不幸です。
なぜなら、技術者が自分で何をして良いか分からず、毎日の仕事にやる気を失うからです。

 技術マネジメントを具体的に進めるためには、先ず開発方針の決定ですが、そのためには技術計画書を作成すべきです。

 技術計画書を作成する過程で、今、何をすべきかの方針が、ハッキリしてきます。
こうなればしめたもので、その方針を全社に徹底するだけです。

 ただし、技術計画書にも短期と長期とがあります。

短期は、今年1年何をするかを決めるものです。

長期は、3~5年後の自社のあるべき姿をイメージするものです。


★日本一聞き出し上手な特許事務所★
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック