特許を出す前に発明を人に教えても特許が取れる

特許の原則通りに考えれば、特許を出す前に発明を人に教えてしまうと、
特許が取れないことになります。
法律には、発明を人に教えた後でも、特別に特許を認めるという規定があります。

ちょっと前までは、この規定を使える場面が限定されていました。
しかし、法律が改正されて、自分で発明品を売ったり、新聞発表したりしても、
ちゃんと手続きをすれば、特許が取れるようになりました。

ただし、この特別なルールを活用するには、それなりの注意が必要ですが、
それは次の通りです。

1.自分が発表したりした日から6カ月以内に、特許出願をすませること。
2.特許出願するときに、特許庁に特別ルールの適用を申し立てておかなければならない。特許出願した後から、特別ルールの適用を申し立てても、間に合いません。
3.法律で決められた申請書を特許庁に提出すること。

だいたい以上のようなことを注意しなければなりませんが、
ちょっと間違えると、大損することがあります。

この特別ルールを使うときには、弁理士に相談して、慎重にやるべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 弁理士とは

    Excerpt: ◇弁理士とは◇弁理士とは、知的財産権の専門家で、権利者の立場において知的財産権やそれに関わるいろいろな権利を巡る紛争について、様々な法律上の手続きを行います。著作権や商標権、意匠権、実用新案権、特許権.. Weblog: 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役 racked: 2012-08-13 09:28
  • レイバン サングラス

    Excerpt: 特許を出す前に発明を人に教えても特許が取れる 楽しく、ゆったりと、大らかに生きる  自分の躾/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-06 02:43