考えていることを、文字に書き、絵で表すようにすれば頭が良くなる

私は、技術者の方を集めて、「発明をして特許を出す」
という仕事をさせていただいています。

このときに、参加者の方々に、「発明落書き帳」を手渡します。
B6版の50ページの通常の手帳よりもちょっと大きいかなと言った程度のものです。

これを1月に一冊使ってもらいます。
全然書けなくても、前の月のものは回収して、新しい「発明落書き帳」を手渡します。
そんな中で、技術者は、「文字を書くと頭が整理される。堂々巡りを避けることができる。」
と言ってくれます。

これは、頭が良くなり、活性化されていることです。

人の頭は、やはりアナログ思考になっています。
キーボードを押せば文字が出てくるデジタル思考は、
頭を良くする機能はほとんどないように思います。

「発明落書き帳」を大胆に使い、大きな文字で、
思いついたことを絵に書く訓練をしてみてください。
きっと、頭が良くなりますよ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック