発明能力を訓練するために必要な発明の原理

実は、発明能力は自分の力で手に入れられるものです。
しかし、発明能力を身につけるためには、次の2つの発明の原理を知らなければなりません。
この2つの原理は、本当に昔から、たくさんの人が言ってきたことです。

発明の2つの原理
 ① 発明は既存の事実の新しい組み合わせに過ぎないという第1の原理
 ② 新しい組み合わせを創り出す能力は、物事の関連性を見出す能力に依存するという第2の原理。

誰も考えていないことが、急に世の中に現われてくることはありません。
ちょっと忘れてしまいましたが、ニュートンが発見した万有引力についても、それ以前に、きっかけとなる考え方がすでにあったそうです。
いろいろな事実を知るために、勉強が必要になります。
ですから、発明能力を訓練するためには、勉強を怠ってはなりません。

そして、新しい組み合わせを創り出す能力は、物事の関連性を見出す能力に依存するということです。
実は、これも訓練で養えるものです。
どのような訓練かと言うと、一つの事実から因果関係を連鎖的に考えていく訓練です。
例えば、「風が吹けば桶屋が儲かる」と言う有名な話があります。

このような訓練には、前提となる事実を一つ決めて、その事実から最終的な結論を導くようなことをしてみてください。
例えば、「男の人が、ネクタイをしなくなった・・・・・・自分が大金持ちになる」と言った問題を見つけて考えてみてください。

また、新聞の記事を見たときに、自分とのかかわりをいつも考えることなども物事の関連性を見出す能力を身につける訓練になります。

やってみてください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック