商品開発のコツ「テーマをいつも新鮮に受け止める」

同じ開発テーマに長いこと付き合っていると、
その開発テーマに何の疑問も持たなくなってくることがあります。

例えば、老人に対して、やさしい見守りをテーマにしたとします。
このとき、自分たちが問題にしている「老人」とは何だろう
ということを忘れてしまうことがあります。

また「やさしい」とは何だろうとか、「見守り」とはなんだろうとかを、
当然のように受け止めてしまって、それを追及せずに開発を進めてしまうことがあります。

しかし、開発テーマに応じて、老人の定義も異なるはずです。
例えば、今、体は元気だけど、一人にしておくのが心配な老人もいれば、
体も動かなくなって寝たきりの老人もいると思います。

常に、自分たちの開発テーマにとっての老人とはなんだろうかを考えるべきです。

このことは、定番商品についても同じです。
特に、定番商品になると、それを新たに見直すことが少なくなります。
しかし、定番商品といえども、この商品は一体何を目的にした商品なのかを
もう一度検討しなおすべきです。
そうすれば、また、新たな視点からの開発テーマが見つかることもあります。

いずれにしても、自ら開発している事柄に、
常に、新鮮な気持ちで、対応していないと、よい開発テーマが見つかりません。
特に、いつも係っている商品には、なかなか新鮮さを持てなくなっていると思います。
どんなものに対しても、テーマを新鮮に受け入れることが必要になります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック