阿川佐和子さんの本の紹介 「聞く力」心をひらく35のヒント

阿川佐和子さんは、作家の阿川弘之のお嬢さんです。
といっても、1953年生まれのベテランのお嬢さんです。
30回以上もお見合いをして、初対面の人と話をするコツを無意識のうちにつかんだ、
と冗談でおっしゃっています。

阿川さんはいろいろなエッセイを書かれていますが、
現在、週刊文春で、900回も連載されている
「阿川佐和子のこの人に会いたい」という対談ページを担当されています。

この本の中で、阿川さんは、
最初インタビューが苦手で、いつもドキドキしながら仕事をこなしていた、
という体験談から入っています。
そんな中で、インタビューのコツは、
相手がおしゃべりをしたくなるような流れを作ることだ
と言った趣旨のことをおっしゃっています。

相手がおしゃべりしたくなるような流れは、自分からペチャクチャ話さなくてもよい。
場合によっては、「あ~そうですか」「なるほど」「それからどうしましたか」
といったことだけでも、
けっこう相手が楽しそうにおしゃべりしてくれることもある、とのことです。

本の一節を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は単なる聞き手です。
相手の心の悩みを聞くことが仕事ではありません。
しかし、インタビューの仕事をしていると、
ときどき「あ~、なんかアガワさんに話したら、自分の頭の中の整理がついた」
と言われることがあります。
・・・・決して私が相手の頭の中を整理してあげようと意図したわけではありません。
・・・・お相手は、最後にふっとこんな言葉を吐いて下さる。
「今、気がついた。私ってそう考えていたんですよね」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ、すごいことです。
私が理想とする聞き出し上手です。

経営コンサルタントで有名なドラッガーは、
コンサルティングの相手から「自分が考えていることが良く解りました。」
と言ってもらったときが、最高のコンサルティングである、と言っています。

阿川さんも、ドラッガーも同じです。
阿川さんの本は、仕事に使えます。


 ★日本一聞き出し上手な特許事務所★
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック