王道を歩む技術開発

技術開発の本当のテーマは、人間生活を豊かにすることです。
この気持ちを忘れると、小手先の開発に終わってしまって、
本当の開発ができなくなります。

今、私たちに求められているのは、小手先の開発ではありません。
人間生活を豊かにする本物の開発です。

そんなこと考えていなくても、開発はできると思う人いかもしれません。

しかし、開発の理念をしっかり持っている人と、そうでない人とでは、
壁にぶつかったときに違いが出てしまいます。

理念を持っていない人は、壁にぶつかったとき、
どうしても、小手先の解決策でお茶を濁す技術者になってしまいます。

例えば、節電をテーマにしたものを開発している人がいるとします。
開発理念があいまいな人は、節電とは消費電力を減らすこと、としか考えません。
人間生活などどうでもよく、ただ単に、何ワットの電力を減らせるようにした
という開発しかしなくなります。

しかし、開発理念がしっかりしている人は、
節電によって人間生活を豊かにするとはどういうことか、ということからスタートします。

節電と人間生活の豊かさとは、必ずしもイコールではありません。
例えば、電力を潤沢に使えれば、季節に関係なく、室内温度を快適に保って、
豊かな生活ができます。

こんな考え方をすると、節電と人間の豊かさとは矛盾するかもしれません。
しかし、この矛盾を同時に解決できれば、
人間生活がさらに豊かになることは、火を見るより明らかです。

これからの開発は、開発理念をしっかり持って、王道を歩むべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック