海音寺潮五郎が言う 英雄・豪傑・天才

今は亡き海音寺潮五郎という小説家が、
英雄、豪傑、天才について次のように言っています。

人間は調子乗って意気が昂揚すると、不思議なくらい冴えてくるものだ。
この冴えが、肝心なときに長くつづく人が英雄・豪傑・天才などといわれる人になる。
厳格な意味においては、生涯天才であり、生涯英雄であり、生涯豪傑である人はいない。冴えている期間が長く、しかもその期間が肝心な時と一致している人が
そう呼ばれるにすぎない。
つまり、冴えと運とがかね備わらなければ、
天才にも、英雄にも、豪傑にもなれないのである。
早い話が、優れた素質を持っていながら、
肝心なときに病気になったり、ケガをしたために、
大関にも、横綱にもなれなかった相撲取りが、それと同じである。

我々も、タイミングを失しないように、生きたいものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: 海音寺潮五郎が言う 英雄・豪傑・天才 楽しく、ゆったりと、大らかに生きる  自分の躾/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-05 22:58