自社の常識は、他社の常識とは限らない

常識というのがけっこう曲者で、
何をもって常識というのか、人によってまちまちなので、
ハッキリした基準がありません。

例えば、ある会社では、常識的なことでも、
別な会社に行けば、とてつもない発明と思われることすらあります。

だから、人の考えたことを、
「そんなことは常識だ」とか
「そんなことは当たり前のことだ」などと
簡単に言ってはいけません。

特に会社では、いつも「自社において」という条件を外さないことです。
そして、他社では「常識ではないかもしれない」という発想が必要です。

このような見方ができないと、
自社の大切な財産を、不用意に他社にとられてしまうことあります。

要注意です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック