特許を取るときの発明者の心得

発明者は、
「俺の発明はこんなに素晴らしい」
と訴える力が必要です。

また、特許請求の範囲を考えるときには、
「これも私のもの、それも私のもの」
というように欲張りでなければならなりません。

一方、このような欲張りな主張ができるためには、
発明者が、自分の発明について、
しっかりした論理構成ができていなければなりません。

つまり、発明の本質をとらえ、
その周辺のいろいろな事例も提示できるようになっていなければなりません。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック