戦略的な課題設定

トランジスターを開発したショックレーは、
なぜトランジスターを開発できたのかという質問に対して、
「上司に恵まれたことと、ラッキーが幸いした」と答えています。

ショックレーが言う上司とは、
当時の真空管事業を担当していたマービンケリーという部長で、彼はショックレーに
「この広いアメリカで、端と端にいる者同士が電話をしているとき、
すぐ隣で話しているくらいに良く聞こえる電話システムを開発したい。
しいては、現状の真空管ではもうダメだ。
まったく新しい概念の増幅器を考えてくれ」と言ったそうです。

ショックレーは、マービンケリーが現状の真空管を否定し、
まったく新しい概念の増幅器の開発を指示してくれたことが、
トランジスターを開発する上で本当にありがたかった。
もし、現状の真空管を否定してくれなかったら、真空管の研究から入り、
既成概念を打破できなかったかもしれないと言っています。

ショックレーは優秀な技術者なので、
真空管を否定したマービンケリーの一言に敏感に反応したのかもしれません。
しかし、ショックレーの話から、課題の設定がいかに大切かを学ぶべきだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック