戦略と戦術のとらえ方

戦略と戦術については、いろいろなとらえ方があると思います。

そして、戦略と戦術を詳しく説いている本などでは、
難しく定義しているものが、けっこうあります。

私は、割合と簡単にとらえています。

戦略とは、将来の方向性とその着地点を決めること。
戦術とは、戦略で定められた方向と着地点に向かうための方法や手段を決め、
それを使いこなすこと。

このように単純にとらえると、物事を考える上でけっこう役に立ちます。
今は方向性あるいは着地点を問題にしているのか、
あるいは、そこへ向かうための方法や手段を問題にしているのかを
区別して考えることができます。

例えば、戦略上の方向性や着地点は、できるとかできないとかから決断するのではなく、
必要かどうかで決断すべきです。

企業であれば、方向性や着地点は、
将来のわが社の「あるべき姿」を決めることになります。

将来必要とされる「あるべき姿」は、それを達成しなければ、
わが社の将来の発展はない、と言えるくらいに重要なことです。

したがって、それを達成できるかどうかで「あるべき姿」を決めるのではなく、
必要かどうかで決断しなければなりません。

世間では、この点を間違えて、口角泡を飛ばして議論している光景がけっこう見られます。

例えば、あるべき姿がある程度示されたとき、それを達成する上で、
自社では社員数が足りない、などといった議論などが典型です。

わが社の将来のあるべき姿が必達なら、
足りない社員数をどのようにカバーすべきかの議論は戦術になります。

戦略と戦術を混同すると、このようにおかしな議論になってしまいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック