特許事務所の知恵

多くの方はご存じないと思いますが、特許事務所にはたくさんの知恵が貯まっています。
特許事務所の知恵を説明するためには、
特許事務所の仕事の概要を説明しないと分かり難いと思います。

特許事務所のというのは、発明者の方々から、発明の内容を聞き出して、
それをすべて文章にまとめます。この文章のことを明細書と言います。
そして、書きあげた明細書を特許庁に提出しますが、
我々の業務の中で、明細書を作成してそれを特許庁に提出する仕事が
70%から80%も占めます。
したがって、ほとんどの仕事が、発明者から発明を聞き出して、
それを文書にまとめるだけですが、毎日このような仕事をしていると、
いろいろな知恵が蓄積されます。

一番大きな知恵は、発明を聞き出す知恵です。
私は、これを単なる聞き上手ではない。聞き出し上手であると言っています。
聞き上手と聞き出し上手とは、まったくと言っていいほど違うと思っています。

聞き出し上手になるためには、発明者の発想の呼び水になるような質問が必要になります。
この呼び水が適切でないと、蚕の繭から生糸を引き出すように、
発明者の頭の中にある発明を上手に引き出すことができません。
つまり、特許事務所には、発明者の頭の中にぐちゃぐちゃに詰まっているアイデアを、
ひも解くようにスムーズに引き出す知恵があります。

したがって、開発の途中で、自分の頭の中が混乱したときには、
その段階で特許事務所に相談すると良いと思います。
もう一つの知恵は、聞き出した発明者のアイデアを、文章にまとめる知恵です。
これは弁理士さんが、もっとも自慢しても良い知恵です。
実は、文章にまとめる能力がついてくると、
物事を体系的にとらえる能力も身についてきます。

この能力は、発明が行き詰っていたり、
あるいはその発明をさらに発展させたりするのに役立ちます。

特許事務所には、自ら発明する能力はありません。
しかし、その発明を、いろいろな角度から検討して、
発明をどんどん発展させることができます。

自分の発明をもっと別な角度からとらえて欲しいとか、
発展させてほしいといったときには、特許事務所に相談してみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック