特許専門家の仕事

特許専門家が、特許を取ることばかりに目がいってしまうと、
非常に視野の狭い専門家になってしまいます。

視野の狭い専門家とはどのような人かというと、
法律と特許庁の方針ばかりを気にしている人です。

これからの特許専門家の大切な仕事は、
法律でも特許庁でもなく、会社に貢献することであり、技術者を支援することです。

技術者の支援には、特許明細書の活用をお勧めします。

頭の中に、どんなに素晴らしいアイデアが浮かんでも、
それを体系化しなければ、使い物になりません。

特許明細書は、アイデアを体系化するために最高の手段です。
特に、特許明細書の中で、特許請求の範囲を考えるのが、アイデアを体系化する上で有効です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック