特許出願計画の立て方を物語にしました。

特許権を有効に活用できていない、ある社長の物語です。

 従業員100人の㈱タノコウ製作所では、いつも独創的な商品を開発し、業界でも一目おかれている存在である。
 そして、商品を開発するたびに特許を出願し、積極的に特許を取るようにしていた。

 今までに取った特許権は50件にも及んでいる。
 しかし、会社の業績は今ひとつで、社長である田中幸太郎は、特許に対する不信感が芽生えていた。

 「こんなにたくさん特許を取っているのに、何も役に立っていないように思う。特許など必要ないのかしら」

 田中社長は長年おつき合いをしている特許事務所の弁理士に相談に行き、質問をした。

 「うちの会社の規模では、けっこうたくさん特許出願していると思いますが、なかなか儲けにつながらなんです。
 どうしてでしょうか?」

 弁理士はちょっと言いにくそうな顔をしながら言った。

「それは発明の質の問題で、特許制度が悪いわけではない。
 もう少し発明の質を上げる努力をされたらいかがでしょうか」

 「発明の質?」

 田中社長は、考え込んでしまった。

 「発明の質って何だろう。うちの会社の発明は、そんなに質が落ちるのかしら?」

 それからというもの、「発明の質」という言葉が、田中社長の頭から離れなくなった。
 発明の質が落ちるといわれると、会社の開発部隊そのものが否定されたように思われ、気になってし方がなかった。

 「うちの開発部隊は、決して他社に引けをとるものではない。
 それでありながら、質のいい発明を生み出せないとしたら、社長である自分の責任かしら」

 考えれば考えるほど分からなくなり、毎日を悶々としていた。

 そんなときに、「特許出願計画の立て方」という講演会のダイレクトメールが届いた。

 そのパンフレットには、「特許の質を求めても意味がない。大切なのは、会社の方針を明確にし、その方針を実現するために特許出願はどうあるべきかを計画することだ」ということが書かれていた。
 田中社長は、自分の悩みが解決されそうだという直感が働き、なんとなくワクワクしながら講演会の申し込みをした。

 講演会にはけっこう人が集まっていた。社長らしき人や若い技術者などさまざまであった。
 講演会が始まった。

 講師の大夢先生は、キャリアも十分そうな60歳前後の弁理士であった。
 先生は突然言った。

 「今、特許が会社の経営に役立っているか疑問を感じている人が非常に多い。
 迷ったときには原点に返れといわれるが、特許の原点は、会社を成長・発展させ、技術者の自己実現の欲求を満たすことです」

 あまりにも単純明快なので、田中社長は、心の中で「その通りだ!」と大声で叫んでしまった。
 そして、先生が強調したのは、自分の会社の理想像を描き切るということであった。

 「自分の会社のお客様をイメージしながら、そのお客様が感動し、感謝してくださっている情景を描けますか。
 その情景を鮮明に描き切れなければ、発展的な会社の理想像など描けませんよ。
 自分の会社の商品でしょう!
 それを手にしたお客様が感動し、感謝してくださっている姿を描き切れないなど、とんでもないことです。
 空想でもいいんです!
 空想でもいいから描ききってください」

 田中社長の頭の中は、ものすごい勢いで回転しだした。
 先生はさらに続けた。

 「お客様が感動し、感謝してくださっている姿が描き切れたら、自然と自分の会社の理想像が浮かんでくるはずです。
 この会場にいらっしゃる技術者の方は、自分の会社のお客様を感動させ、感謝していただくために新たな商品を開発しているんです。
 そして、お客様の感動と感謝を追及していけば、必然的に会社の理想像につながります。
 “理想を求めて全社一丸”
 これが働く人のやりがいです。
 今日は多くの社長さんもいらしています。
 社長こそ、自分の会社のお客様を真剣に考え、その延長線上で、わが社の理想の姿を描けるようにしてください
 理想を語れない社長では、社員がついてくるはずがありません」

 田中社長は、最後の一言にギクッとした。

 なぜなら、たとえ空想といえども、自分の会社のお客様が感動し、感謝してくださっている情景がなかなか浮かんでこなかったからである。
 大きなショックに襲われた。

 「俺は“お客様の感動と感謝”の情景を描いたことなどないな。
 “理想像”もあいまいだな。
 俺はダメ社長かな.....」

 そんなことを考えていると、先生は、会場の皆を励ますように言った。

 「今からでも遅くありません。
 理想像を描く努力をすれば、必ず描けるようになります。
 そのためには、先ず、お客様の感動と感謝の姿を描き切ることです」

 田中社長は、
 「そうだ! くよくよすることはない、これからが大切なんだ」と、
 気分も晴れやかになった。
 さらに、大夢先生は言った。

 「理想像が決まったら、その理想像と現実とのギャップを考え、何年後にその理想を実現できるかを検討しなければなりません。
 そして、あまりにも理想が高すぎれば、3年後に達成できる理想像を描くべきです。
 しかし、最初に描く理想像は、超理想の方がいいんです。
 高い理想像がなければ、3年後の現実の理想もチャチなものになるからです」

 田中社長は、すべてに納得できたが、一瞬
 「この講演会のタイトルは、“特許出願計画の立て方”だったよな!
 なんだか“経営計画の立て方”みたいだな」
 と思った。

 そのとき、先生は

「特許出願計画は経営計画の中のひとつです。
 会社の開発の方向性をはっきりさせるための計画が特許出願計画なのです」

 と言った。
 先生の考え方は、次のようなことであった。
 会社の方針をはっきりさせ、どの分野にどのような特許を何件出願するかをあらかじめ決めるのが特許出願計画である。

 例えば、今年は、Aの分野には15件の特許出願をし、Bの分野には2~3件程度の特許出願をする、ということになれば、これは会社の技術方針そのものということになる。

 また、特許出願計画は、技術者の創造性をマネジメントする最も有効な手段となる。
 技術者は、A分野に15件の特許出願をしなければならないとなれば、頭の中が必然的にA分野に集中してくる。

 つまり、特許出願計画は、技術者の創造性を計数管理するための手段になる。

 しかも、特許出願の内容によって、技術者が考えていることが、会社の方針にマッチしているかどうかも判断できることになる。

 もし、技術者の目線が、会社が求めている方向性とちがっていれば、その段階で技術者とすりあわせをして、方向性を修正することもできる。

 さらに、特許出願計画を立てれば、会社が求めている方向性の中で、技術者がお客様の感動と感謝を追及することになり、会社も発展するし、技術者の自己実現の欲求も満足させられることになる。

 特許制度をただ単に独占権を取って市場を独り占めにする手段ととらえるのではなく、制度全体を会社の成長と発展に活用すべきである。

 その過程で、市場を支配できるような特許が生まれるが、たとえそのような特許が生まれなくても、会社の理想像を実現するために、個々の特許は役立っているはずである。

 田中社長は、すべてに納得した。
 そして、講演終了後の質問時間で先生に質問した。

 「先生は、出願計画の立て方を、個別に指導してくださるのですか」
 「もちろん、喜んでご指導させていただきます」

 「指導していただくとしたら、理想像を描くところかお手伝いいただけますか」
 「はい、お客様の感動と感謝を追及しながら、理想像を描くところからお手伝いさせていただきます」

 「分かりました。ありがとうございました」


 ★日本一聞き出し上手な特許事務所★
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック