はじめまして

私は、ベル特許事務所を36年間経営している弁理士の嶋宣之と申します。
年が明けると66歳になります。
私は、70歳までに夢を実現する計画を立てました。
それは、36年間、ずっと思い続けてきたことを実現することです。

 私は「特許とは何だろう。なぜ、お客様は特許を取ろうとなさるのだろう」と自問自答し続けてきました。自問自答というよりも悩み続けてきたといった方が当たっているかもしれません。
 「特許事務所を経営していて、そんなことを悩んでいたとは、お客様に失礼だ」と思われるかもしれません。
 確かにそうなんです。だから悩み続けたわけです。

 よく、悩んだときには、原点に帰れと言われます。
 特許の原点は、「自分の発明で儲けたい」あるいは「自分の発明を世間に認めてもらってさらに技術者として自分を成長させたい」という夢を実現することにあると気づきました。
 何をいまさらと思われるかもしれません。しかし、自分の仕事にどっぷりつかって、毎日忙しくしていると、こんなことも意外と気がつかないものです。しかも、私は、自問自答しながら悩み続けていたわけで、なぜこんなことに気がつかなかったのだろうと愕然とする思いです。

 悩み続けたおかげで、光が見えてきました。今は、その光を体中に浴びながら、わくわく感が体の芯から湧き出ています。

 ベル特許事務所の基本方針は、次の通りです。
「会社には成長と変革を実現するお手伝いをし、発明者には自己実現の欲求を満足させるためのお手伝いをすること」
 この基本方針にたどり着くのに、何と遠回りしたことか。
 でも、悩み続け遠回りする過程で、いろいろ考え、個別に実践してきたことがありました。
 それは、「特許出願計画の作成」と「発明をすることの素晴らしさ及び発明を単に物として見るのではなく価値として見ることの提案」を、実務においても実践してきたことです。また、それを体系化することもできてきました。
 今は、これらのことを事業として立ち上げ、お客様のお役に立ちたいという夢を実現するために、充実した毎日を過ごしています。

 これからは、このブログで、出願計画の作成方法や、発明者の自己実現の欲求を満たす方法などに絡めながら、私の考えを説明していきます。
 よろしくお願いします。



 ★日本一聞き出し上手な特許事務所★
ベル特許事務所  http://www.bellpat.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック