アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「特許戦略」のブログ記事

みんなの「特許戦略」ブログ

タイトル 日 時
特許出願の良いノルマと、悪いノルマ
 ノルマの語源は、ロシア語の「強制労働」にあると本で読んだことがあります。「ノルマ」のイメージが悪いのは、語源にあるのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/28 15:29
特許戦略の重み付け(市場対策・技術対策)
特許戦略の重み付け(市場対策・技術対策) ★日本一聞き出し上手な特許事務所★ ベル特許事務所  http://www.bellpat.com ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/06 18:20
これからの特許戦略は発明が生まれる前に考える。そして、発明は意図して生み出す。
これからの特許戦略は発明が生まれる前に考える。そして、発明は意図して生み出す。 ★日本一聞き出し上手な特許事務所★ ベル特許事務所  http://www.bellpat.com ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/01 10:45
売り上げ増に結びつかない特許を。どんなにたくさん抱えても、意味がない。
売り上げ増に結びつかない特許を。どんなにたくさん抱えても、意味がない。 ★日本一聞き出し上手な特許事務所★ ベル特許事務所  http://www.bellpat.com ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/30 18:10
知財部は経営者の味方か社員の味方か
知財部は経営者の味方か社員の味方か ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/29 17:02
企業はなぜ特許を出すのか
 「御社はなぜ特許を出すんですか?」という質問したとき、ほとんどの人は「特許を出していないと競争に負けるから」と答えます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/23 16:45
中小企業は、特許だけで自社商品のモノ真似を防ぐことは難しい
特に中小企業が、特許だけで自社商品のモノ真似を防ごうとすると、かなり難しいとおもいます。 例えば、発明を特許庁に出願すれば、その内容が1年半たつと一般に公開されてしまいます。 言い換えると、特許出願をしたときには、1年半後に他人に対して発明のヒントを 与えることになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/05 16:03
特許戦略の基本はたった2つしかない
特許戦略について、いろいろ言われますが、その基本は、次の2つしかありません。 @ 技術ブランド確立戦略 A 市場制覇戦略 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/02 16:40
特許を単体で管理すれば専門家の玩具になりかねない。特許をカタマリで管理すれば戦略家の強い武器になる
特許を単体で管理すると、一件一件の質ばかりが問題になります。 そうなると、文章の表現とか、文字の使い方など、 ややもすると、重箱の隅を突っつくようなことが問題にされます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/11 11:04
特許を出す前に発明を人に教えても特許が取れる
特許の原則通りに考えれば、特許を出す前に発明を人に教えてしまうと、 特許が取れないことになります。 法律には、発明を人に教えた後でも、特別に特許を認めるという規定があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/08/06 16:19
20:80の原則を特許管理に活用する
昨日、パレートの法則について説明しました。 このことは、特許を管理する上にも利用できます。 すなわち、自社の特許出願のうち、20%の出願処理に全精力を注ぎ、 残りの80%は通常の処理を行うというメリハリをつけることです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/13 11:07
自社の得意技術をはっきりさせられますか?
私は、コンサルティングをするとき、 「貴方の会社の得意技術は何ですか」という質問をします。 しかし、即答できる会社は、ほとんどありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/04 13:52
ハッタリ特許、独占特許、牽制特許そして防衛特許
一概に特許といっても、使う側から考えると、 ハッタリ特許、牽制特許、独占特許、そして防衛特許などがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/03 13:36
自社の常識は、他社の常識とは限らない
常識というのがけっこう曲者で、 何をもって常識というのか、人によってまちまちなので、 ハッキリした基準がありません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/28 10:14
特許の時代的変遷
特許発祥の時代には、国家から特許を戴くありがたいものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/15 15:13
技術特許戦略としての出願計画(4)
短期出願計画では次のことを決めます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/22 11:04
技術特許戦略としての出願計画(3)
出願計画には、長期出願計画と短期出願計画とがあります。 長期出願計画とは、だいたい3〜5年を目処に考えます。 短期出願計画とは、それこそ1年ごとに計画するものです。 そして、長期出願計画には、次の点を明確にすべきです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/21 11:27
特許出願計画のすすめ
発明が場当たり的に出てくるのに任せて、 特許出願をしている会社をけっこう見かけます。 こんな会社の知財部に限って、 独善的な目標件数(ノルマ)を設定していることが多いように思われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/16 17:31
これからの知的財産戦略
これからは、特許戦略だけでは足りません。 2012年3月14日のブログで書いた「真似されやすい順序」は、下記のとおりでした。   @ 情報   A 物   B 特許   C ノウハウ   D 人の考え・能力   E 企業文化 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/28 14:29
知的財産戦略家の経営者との付き合い方
知的財産戦略家のこれからの仕事は、 自社の知的財産を活用して会社が勝ち残る方法を企画して、 経営者に提案することです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/21 09:27
これらか求められる知的財産戦略家
これからは、事業戦略・開発戦略・知的財産戦略の一体化が不可欠です。 この一体化というテーマのもとでは、知的財産戦略は経営事項になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/19 10:45
ノウハウの暗黙知から形式知へ
自社のノウハウをはっきり言い切れる人は少ないと思います。 なぜかといえば、ノウハウを漠然としかとらえていない人がほとんどだからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/03/16 11:53
日本の特許は活かされているのか
東京大学の小川紘一先生が、日本の先端的なデジタル製品の、 世界におけるグローバルシェアの推移を研究され、それを発表しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/15 10:02
模倣品から企業を守るために「真似されやすい順序」を知る
最近は、外国から安い模倣品が洪水のように入ってきます。 これに対抗するために、企業は製品の差別化に努力していると思います。 製品の差別化を考えるとき、真似されやすい順序を知っていると便利です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/14 17:18
特許を上手に使った実例
私のお客様で、電気スタンドを作っているスワン電器という会社があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/09 16:12

トップへ | みんなの「特許戦略」ブログ

楽しく、ゆったりと、大らかに生きる  自分の躾 特許戦略のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる